開発元 Optiwave社Home
OptiBPM>事例

OptiBPMの事例

OptiBPMは ビーム伝搬法(BPM法)を用い、導波路やファイバを伝搬する光を解析するソフトウェアです。2次元や3次元のデバイスのモデリングと解析を行い、導波路やファイバに沿って伝搬する光の振る舞いをシミュレーションすることができます。

また、導波路やファイバを解析する際に欠かせないモード解析ツールも含まれております。

スロット導波路解析

参考文献: WikipediaのSlot-waveguide項目

スロット導波路のモード解析例

スーパーモード解析

スラブ結合型導波路における解析例



マルチコア・ファイバーにおける スーパーモード解析例 (PDF:1.7MB)



Hole-assisted dual concentric core fiber (DCCF)における解析例

(参考文献:Taiji Sakamoto, et al. "Hole-assisted dual concentric core fiber with ultralarge negative dispersion coefficient of -13,200 ps/nm/km", APPLIED OPTICS / Vol. 50, No. 18 / 20 June 2011)

光分岐デバイス

Y分岐導波路の解析例

Y分岐導波路の解析例

マッハツェンダ型光スイッチ

中央の電極の電圧を変えながら繰り返し計算を実行した例

中央の電極の電圧を変えながら繰り返し計算を実行した例

ホーリーファイバ

ファイバ断面の屈折率分布とモード解析結果

ファイバ断面の屈折率分布とモード解析結果

ユーザ事例

過去十数年間にOptiBPMを用いた事例を以下のOptiwave本社サイトをご参照ください。

OptiBPMを用いた事例・文献

← 前のページに戻る  ↑このページのトップに戻る