開発元 Optiwave社Home

OptiSPICE Version 2.0

OptiSPICE 2.0 では、マルチモード導波路や多層フィルタを含む光集積回路のデザインとシミュレーションのための機能強化が行われました。
その他、主要な新機能につきましては下のリストをご覧ください。また、具体的な使い方につきましては、インストールフォルダに収録されている チュートリアルマニュアル(Technical Background and Tutorials)や、サンプルモデルをご覧下さい。

新しい電気素子&モデル

BSIM4

CMOSテクノロジとRF高速CMOS回路のシミュレーションをモデル化する際の多くの問題に対して、より厳密に対処するためにBISM4に対応しました。

JFET, MESFET

新しい電界効果トランジスタ素子として、JFETとMESFETが追加されました。

MOSFET, BSIM3, BSIM3SOI

温度依存と新しい雑音モデルが考慮できるようになりました。

 

新しい光学素子&モデル

Waveguide Elements

導波路パラメータを変更することができる新しいマルチモード導波路素子が利用可能になりました。

Multilayer Filters

各層について温度依存と電圧依存のインデックスを含む、一組の層から成るアクティブフィルタです。


Multilayer Filter Layout(画像クリックで拡大)

Ring

クロスカプラと多層フィルタから成る4ポートまたは2ポートのリング素子です。


Ring Layout(画像クリックで拡大)

Cross-couplers

新しい光クロスカプラです。

Laser

光学フィードバック・モデルを加えたシングルモードレーザです。


Laser Layout(画像クリックで拡大)

Mach-Zehnder

新しいモデルではチャープ信号計算機能が強化されました。

Delay

電圧依存性が加えられました。

← 前のページに戻る  ↑このページのトップに戻る