開発元 Optiwave社Home

OptiSPICE Version 4.0

OptiSPICE 4.0 では、解析結果の表示機能が搭載されています。従来、OptiSystemのグラフ表示機能を利用する必要がありましたが、この新機能によってOptiSPICEのみで結果を表示することが可能となりました。

また、サンプルファイルをユーザ指定のフォルダにインストールするツールも追加されています。

主要な新機能につきましては下のリストをご覧ください。

リリース日:2013年9月

OptiSPICE Waveform Viewer

  • すべてのプローブにおける電気信号および、光信号の時間領域の波形が表示されます。
  • 光プローブには、進行波(入力)と反射波(出力)が同時に記録され、表示することができます。
  • すべてのプローブに保存されたデータをテキスト・データとしてエキスポートすることができます。
  • この新機能によって、OptiSystemを利用しなくても、OptiSPICEの解析結果を表示することができます。

OptiSPICE Samples Installer

OptiSPICEのサンプルファイルはOptiSPICEのインストール先のフォルダに保存されますが、ユーザによる使用権限に制限される場合がしばしば発生しております。それを解消するため、"OptiSPICE Samples Installer"が導入されました。

OptiSPICEのインストールが終了後、スタートメニューより"Install OptiSPICE Samples"をクリックすると、サンプルファイルがユーザ指定のローカルフォルダにコピーされます。"Install OptiSPICE Samples"は何回でも実行できます。

← 前のページに戻る  ↑このページのトップに戻る