開発元 Optiwave社Home

開催日時・お申込み

オンサイト入門セミナーも可能です。お申し込みが入り次第、開催致します。

お申し込みはこちらへ。 

開催概要

東京会場

会場 東京都千代田区 ちよだプラットフォームスクウェア(本館)[地図] 
B1F ミーティングルーム 005
受講形態 実習形式
定員

4 名 

(PCは基本的にご持参になります。)
(OSは、64bitのWindows 7/8.1となります。)
(Optiwave製品のインストールは当日のセミナーにて行います。)

時間 9:30〜17:00 (12:30〜13:30 お昼休憩)
参加費 32,400円(税込)/名
対象
  • Optiwave製品の新規ユーザ様
  • Optiwave製品をトライアルしている方、またはトライアル経験のある方
  • Optiwave製品の購入を検討されている方

オンサイト

  • お客様先に訪問して開催致します。
  • 下記のセミナー内容のほかに、お客様の研究テーマに沿った内容でトレーニングすることも可能です。
  • 参加者人数制限なし
  • 時間: 7 時間 (お昼休憩 1 時間込)
  • 費用: 54,000円(税込)+ 往復交通費

セミナー内容

OptiBPM入門セミナー

  • ビーム伝搬法(BPM)の理論概要
  • OptiBPMの構成
  • モデリングから解析までの流れ
    • 材質とProfile(導波路断面形状)の作成
    • 導波路モデルの作成
    • 入射光の設定(モード解析も含む)
    • シミュレーションパラメータの設定
    • シミュレーション
    • 解析結果の表示
  • 等角写像法
  • モード・ソルバー
  • 電気光学変調器
  • VBScriptの作成方法
  • OptiBPMの中のツール
  • バッチプロセスおよびほかのツールとの連動シミュレーション
  • 数値解析の収束問題について
  • OptiBPM技術資料について

  • 実習
    • カプラのモデルを作成し、VBスクリプト機能を用いた繰り返し計算の実行
    • 3Dモデル作成の練習として、スポットサイズ変換器のモデルの作成
  • 質疑応答

OptiFDTD入門セミナー

  • FDTD法の理論概要
  • モデリングから解析までの流れ
    • 材質とProfile(導波路断面形状)の作成
    • 導波路モデルの作成
    • 入射光の設定(モード解析も含む)
    • シミュレーションパラメータの設定
    • シミュレーション
    • 解析結果の表示
  • 高度な機能(非均一メッシュ、分散材質、非線形材質、3D Object、 GRINレンズ等)
  • モード・ソルバー(OptiMode Designer)
  • VBScriptの作成方法
  • OptiFDTDの中のツール
  • バッチプロセスおよびほかのツールとの連動シミュレーション
  • 数値解析の収束問題について
  • OptiFDTD技術資料について

  • 実習
    • マイクロリング共振器の実例
    • 波長におけるパラメータ・スキャンのVBScript例
  • 質疑応答

 

← 前のページに戻る  ↑このページのトップに戻る